不用品処分・生前整理・遺品整理なども承ります。 0827-93-3260

エンディングノートの必要性

  • HOME »
  • エンディングノートの必要性

「縁起でもない・・・書きたくもない」

元気な人はこう言います

002

エンディングノートには主に自分の事、身体の事、財産の事、葬儀・お墓の事、家族への感謝を書きこみます。

少し想像してみてください。

もし、あなたがこの世から旅立ってその後のご家族の負担ってどのくらいだと思いますか?

財産はどこに何があるのか?

まずそこから把握しないといけません。これは大変な作業ですよね。

相続においては円満に終わるのでしょうか?

葬儀において家族が思うのはどこまで知人に知らせてよいのか?

どんな葬儀が良かったのか?

お墓においては先を見据えて、管理者がいなくならないか?

を考えてみるのも良いと思います。

そしてなにより、家族に感謝の思いを伝えていますか?

これらをエンディングノートに書いて気持ちの整理を始めましょう!

情報をまとめておいてあげるだけでも家族の負担はかなり無くなります。

殆どの人が書く前は嫌だったけど、書いている途中や書き終わった後には気持ちが前向きとなり生き生きしてるように思います。

私が23歳の時、父親が職場で倒れ一言の会話もなくこの世を去りました。残された家族はもっと話したかった、もっと一緒に暮らしたかった、もっと・・・。悔やんでばかりでした。

zatsudan_kaiwa_roujin_kodomo

エンディングノートは元気な今だからこそ書くことができます。早めに書いて、家族と今後についてもっと話し合う時間を増やしていけたらいいですよね。

エンディングノートを書きあげるのには時間がかかります。だから、自分で書きやすいエンディングノートを選びましょう。

最後に、エンディングノートは個人情報を載せるので保管場所には気をつけておいてくださいね。

書き方や専門用語など分からない事がありましたら、お気軽に連絡してくださいませ!

 

エンディングノートの書き方や終活相談

%e5%95%8f%e3%81%84%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b

%e9%80%a3%e7%b5%a1%e5%85%88

お気軽にお問い合わせください TEL 0827-93-3260 受付時間 9:00 - 20:00 [ 休日・祝日でもOK ]

「いいね!」をクリックお願い申し上げます

投稿記事のカテゴリー

終活カウンセラー協会

終活カウンセラーを探す

人生の棚卸 無料ダウンロード

遺品整理士協会

あなたの寿命計算法

PAGETOP
Copyright © 合同会社 整(ととのえ) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.