人生長く生きてくると所有する物も増えていきますよね。

万が一あなたがこの世から旅立った場合に残された家族がモノの整理・処分をすることになります。これを遺品整理と言います。

さて、あなたにとって大切なものだけに家族が困惑してしまうモノがあります!

第1位 写真

第2位 布団

第3位 本

第4位 コレクション

第5位 衣類・着物

どうでしょうか?

これらを大事にとっておくのも良いですが、後々家族の負担になる事を考えてみてください。

写真って本当にたまにしか見てないですよね? 本当に必要ですか? お気に入りの数枚を保管しておけば良くないでしょうか。

本も沢山ありますよね? 私の父親は本が大好きだったのでそれはそれは沢山の本がありました。やはり捨てるには忍びないって気持ちで20年近くそのままでした。

コレクションは本人にしか価値が分からないので、有効利用してくれる人に譲るのが良いと思います。私の父親はカメラでしたね。

衣類・着物 着物は代々受け継いできたものがありますよね?

現代では、着物をコンパクトに他のモノ例えばクッションとかに生まれ変わらせてくれるサービスもあります。思い出の衣類は手元に残しておきたいですよね。

身近な所から、ととのえましょうね。

分からない事があれば、相談してください。

終活カウンセラー山根幸司
080-3052-5609