皆さん、こんにちは。
終活カウンセラー&マジシャンの山根幸司です。

最近、ニュースでよく見聞きするのが高齢者の車事故。
大抵の原因はブレーキとアクセルを踏み間違えたケースが多いですよね。
現在では70歳から免許更新するときは特別講習を受講しないと更新ができないことになっています。
動体視力や判断力の適正検査もあります。この特別講習ですが地域によって数か月待ちとなっています!
車のメーカーは高齢者に向けて自動運転や自動ブレーキ装置の開発が進んでいます。

ですが、地方となれば車がないと買い物にもいけない現実もありますよね
今現在住んでいる自宅。その場所って車に乗れなくなっても住める環境にありますか?
いままで周りにあったスーパーマーケットもその数は今後減っていきます。
買い物ひとつ満足にできなくなるかもしれません。買い物は自分の目で見て手にとって選びたいですよね。

そして今後さらに高齢者の運転手が増加してきます。
皆さん、現実問題として全体の運転がゆったりとなり混雑も増えると考えます!

何が言いたいかと申しますと、「時間に十分余裕をもって自宅を出発しましょう!」ってことです。

余談ですが、私の自宅は車がなくてもまだ大丈夫な場所にあります。ですが実家の母親は車がないと不憫な場所に住んでいます。
現在、運転について世間話程度に話しています。大事なのは相手に気付いてもらうことからですね。
そして、その対策をどうするか?
前もって話すだけでも心構えができてきます。

では本日はここまでです。