皆さん、こんにちは♪
終活カウンセラーの山根幸司です。

最近、雑誌なんかで良く取り上げられていますが、年金の受給が75歳からになるとか!?
過去に年金は60歳から65歳に引き上げられました。これにはこの国の養う側、養われる側に分けると、養われる側の方が多くなってきている現状があります。
「高齢者」の定義を65歳から70歳からに引き上げる時点で自然と年金や介護保険も負担金や基準値に影響が出てきますよね。

さて75歳から年金受給。74歳までは養う側にまわれって事ですよね。
雑誌なんかでは75歳から年金受給とか書いてますが、実はもらう時期を自分で選ぶってことなんですよね。

65歳からもらう人から70歳、75歳まで自分でもらう時期を設定します。送らせてもらう程、毎月の支給金額が上乗せされますよ

65歳  0%増額
70歳 42%増額
75歳 84%増額

これってかなりの増額率になっています!でも自分がいつこの世を去るかは分かりませんものね・・・・。
もらえるなら、早めにもらうに越したことはない。

現在の70歳を見ていますと、個人差もあって元気でも働く意思がある人ともう体が動かなくて無理と言う人、様々です。
年金の受給年齢を引き上げるのは人口ピラミッドをみてると過去に予想ついた話でしょうが、高齢者でも働ける世の中を作っていかないと我々には生活ってものがあるんですもの!
ご自分の年金を調べてみてください。将来受給見込みが出てると思いますが、12、3万ですよ!
現在、受給してる高齢者は18万はあるでしょう(厚生年金の場合)
年金金額も減って行きまして、その金額では暮らしていけるのでしょうか??
何かで収入がないと辛いですよね・・

年金受給年齢を引き上げたら、暮らしていけない高齢者は生活保護を利用することでしょう。
現段階でも、年金受給金額より生活保護金額の方が上なのもおかしな話である!
もういっそどちらかにしたらいいのに。これでは、年金納めたくなくなりますよね。

私の想像では、近い将来年金は70歳から受給で75歳まで自分で受給時期を選べるところまで行くと考えます。
しかし、まあ、受給年齢が70歳からになり受給金額も減るとなれば、老後のんびりなんてできない世の中ですよね。
同時に介護保険も認定基準がもっと厳しくなりそうです。

だから、思います!これからの日本は助け合いで生きていく時代かと。
今日はここまで!