こんにちは。
終活カウンセラー&遺品整理士の山根幸司です。

2018年3月1日現在の時点で高齢者全体の半数を75歳以上が占めた事を発表したそうです。
日本全体の4人に1人が高齢者です。
そして高齢者が現在所有している自宅が今後どんどん相続されていきます。
近年では核家族化が進み親の自宅を受け継ぐ子供が減少しています。
それが空き家問題につながったりもしますよね。

私の実家は現在、母親と弟が住んでいますので弟が引き継ぐかと思います。
家は住まなくなれば朽ち果てるのが早いです。
これからの時代は家の解体は増えるでしょうが、家の中の荷物を処分してもらわないと解体できないと言われる業者さんも少なくありません。
ですが、家の中の物って処分するにも時間かかったりと思うようにいかない事が多くないですか?
費用を抑えたいなら市のごみステーションに少しずつだすのが良いですが、これだと時間がかかるために早急に処分したいなら業者に頼んで処分となります。
処分品の中に価値のあるものが含まれていた場合!?
捨てればゴミですが、価値に気付けばお金に還元できます。

我が社では、処分、清掃費用をお見積りするのに1度現地を見てできるだけ正確なお見積りを作成し、処分品の中から価値のあるものは依頼者に確認してもらい買い取る事もできます。
買い取った費用はご請求金額から差し引かせていただいています。

要するに、お見積り金額から請求金額は安くはなりますが、高くなることはありません!

その他の相談も一緒に聞かせてくださいね。解決できるように動きますから。
お気軽に相談してくださいませ~

遺品整理士
山根幸司
080-3052-5609